迫り上舞台

出演者の登場・退場のバックアップはもとより、場面転換等の演出効果に大きな力を発揮しています。
また、大道具等の搬入出にも活躍しています。
そんな迫り上舞台の機構を大別すると、ワイヤー方式、スクリュー方式、レバーアーム方式、油圧方式等に分けられます。
設置導入にあたっては、ホールの使用目的に合わせて、それぞれの長所・短所を利用した機構の採用と設計を致します。
油圧方式(シリンダー駆動)
奈落ピットが浅くてすみ、高い揚程まで可能な方式です。
油圧方式
スクリュー方式(ネジ駆動)
昇降行程の長短に関係なく
使用可能な方式です。
スクリュー方式
ワイヤー方式(ワイヤー駆動)
早くから使用されている
経済的な方式です。
ワイヤー方式
レバーアーム方式(レバー駆動)
機構上、低揚程のものに限る方式です。
レバーアーム方式

 

スパイラル方式
狭いピットスペースでも大きな揚程を可能にする方式です。
レバーアーム方式
 お問い合わせフォームはこちら
お問い合わせ、ご意見ご感想はこちらへ!
白川舞台機構株式会社
〒338-0835
本社・工場
埼玉県さいたま市桜区道場709-1
浦和工業団地
TEL.048-856-0865(代表)
FAX.048-856-0868

───────────────────
■東北営業所
〒021-0864
岩手県一関市旭町4-1
 ササキビル旭町1007号
TEL.0191-31-3080
FAX.0191-31-3085

───────────────────
■北海道営業所
〒062-0052
北海道札幌市豊平区
月寒東2-7-14-1 池下ビル内
TEL.011-799-4904
FAX.011-799-4915
───────────────────
[営業内容]
・舞台機構設備
・舞台照明設備
・スタジオ設備
・視聴覚設備
・緞帳、諸幕類
・可動機器類
・イベント機器
設計・製作・施工
メンテナンス・修理 全般
───────────────────
建設業許可  機械機具設置工事業
                          電気工事業
国土交通大臣許可(般-26)
第18298号